年齢に打ち勝て!精力減衰に逆行する年代別対策とは

MENU

男性の精力と加齢の問題

 

男性の精力と加齢の問題は密接に絡み合っています。

 

男性は多くの場合、年齢を重ねるにつれて会社での地位が上がり、
権力を得て社会的にも重要な地位を得ていきます。

 

ただ、ひとつだけ男性にとって重要なものが、加齢とともに減退していくことがわかっています。

 

それが体力精力です。

 

これは男性にとって非常に重要な問題で、世の男性の中には、

 

「自分は会社の社長で外に何人も愛人がいるけれど、精力が追い付かない。」

 

「女性が望むものをなんでも買ってあげられるけれど、セックスを満足させてあげられるかと言うと自信がない。」

 

権力とお金は十分に持っているけれど、
精力に自信がなく、なにか虚しいと叫ぶ男性は非常に多い
です。

 

 

 

男性の精力の絶頂期

 

活気のある男性のバナー

男性の精力の絶頂期は、非常に若い時代に集約されています。

 

20代は男性にとってもっとも性的なエネルギーが溢れている時期で、1日に何度も女性とセックスをすることができるし、ペニスから発射される精子の量も非常に多く、子づくりも早ければ早いほど良いと言われ、男性にとっての若さを一言であらわすと、肉体的・精力的な充実に収れんされるのではないかと思います。

 

特に、女性と比較しても男性の精力は若い時代にピークが訪れるものとされており、一節には男性の精力というのは、20歳になる前の思春期から10代の終わりまででピークが過ぎているんじゃないかと言われるほど、精力と若さというものは比例していきます。

 

しかし長い人生、いつまでも女性とのセックスを楽しみたいものです。

 

その意味でセックス力のアンチエイジングを求める声というものは非常に多いです。

 

「女性を満足させるだけの持続力が欲しい。」
「若い時のような膨張率と硬さが欲しい。」
「もっと女性の裸を見て興奮したい。」

 

といったように、男性にとって「まだまだがんばれる。」と思っていても体がついてこないときってありますよね。

 

50代以降、60代を過ぎると、概ね男性は精力的な衰えを自覚するといわれています。

 

しかし、男性の中には、60代でも現役バリバリ、中には70歳を過ぎても妻と毎夜セックスができると豪語する男性もいるほど、夜の生活がお盛んな人もいることも事実です。

 

 

 

それぞれの年代の生き方で生涯精力は変わる

 

そして男性の人生は当然、10代からはじまり、20代、30代と続き、40代、50代、60代とステージを進んで行きます。

 

これらの年代をどう生きるかによって生涯精力はずいぶん変わるといわれています。

 

特に食生活やお酒にたばこ、生活習慣が精力減退に及ぼす影響力というものは計り知れず、20代、30代でどういう生活を送っていたかによってその後の50代、60代の精力が衰えたり、老齢になっても現役バリバリでセックスを送れるかが変わってきます。

 

具体的には人生の中でセックスを早く初めてより多く経験した方が、老齢になっても精力が減退せず、長く現役でいられると言われています。

 

しかし、セックスというものは、肉体的な問題だけでなく精神的な問題でもあるため、若いうちにセックスをやり過ぎて女性に慣れ過ぎてしまったり、女性を知り過ぎて幻滅してしまったりすると、あとあとで精神的に興奮できずインポテンツになるということも増えています。

 

精力の限界年齢はいつ?

 

 

 

精力剤の使用にも注意

 

注意のバナー

バイアグラなどの精力剤の使用にも注意が必要です。

 

安全な使用を心がければ、セックスに関してとても心強い味方となりますが、服用を誤ったり、過度に使用したりすると、身体に影響が出たり、最悪の場合は死亡に至るケースも過去にありました。

 

精力剤を服用し始めるタイミングとは?
精力剤ランキングサイトはこちら。

 

 

 

まとめ

医者のバナー

 

そういうことに注意しながら、精力減退と戦うために、このサイトで男性と精力、精力と加齢の問題について詳しく考えていきましょう。

 

特にそれぞれの年代での注意点予防策についてもまとめてありますので、自分の精力がどの年代のステージの問題なのかもよく注意しておきたいですね。

 

普段の生活から改善すれば人もうらやむほど女性を満足させ、
若者に嫉妬されるくらいの絶倫に生まれ変われるかもしれません。