勃起不全などの精力減退が若年層にも顕れている原因について解説します。

MENU

若年層の精力減退

EDなどの性機能障害により勢力が減退して、バイアグラなどの医薬品が必要になる年代は50代以上の更年期の男性です。
早くても40代半ばころなど本来、精力減退や性機能障害は若年層には無縁でした。

 

しかしここ最近、若年層にも徐々に30代やひどいときには20代にも精力減退が広がりつつあるといわれています。

 

数年前からまことしやかにささやかれている成人男子の精子の量がすこしずつ減少してきているという話題をニュースで見聞きした記憶のある人も多いでしょう。
確かに若い世代の性欲が減少しているという説もあり、結婚をしたがらない若い世代、恋人もいらない若い世代など揶揄されることも多く、少なからず今の世の中を反映しているのが、若年層の精力減退ではないでしょうか。

 

精力減退とひと口にいってもさまざまな段階があります。

最近の若者はアニメ映像などで興奮することに慣れているため3次元の女性に所謂、「萌え」ない傾向があるのも原因の一つといわれています。

 

精子の数が減少していた、セックスが淡泊になるのであれば程度の差ではありますが、
一番深刻なのが勃起不全です。

 

勃起不全は女性を前にしてもペニスが大きくならずに女性の膣に挿入できないといった致命的なセックス不能状態を言います。

 

若い世代で女性に対してあまり慣れていなかったり、女性との関わりの中で何かトラウマを抱えることでこういった状態に陥る人が少なくありません。

 

例えば昔セックスの際中に
「あなたのペニスじゃ満足できない。」
「セックスが下手ね。」
といった男性そのもののアイデンティティを気付付ける言葉を浴びた経験がある場合、若い世代が勃起不全になる傾向があるといわれています。

 

他にも自分のペニスの大きさや形に自信が持てないなど若い世代特有の悩みがあることも少なくありません。その他にも持続力や早漏など不安因子があることが問題とされています。