セックスできない環境がある事実!40代がセックスと疎遠になる理由

MENU

予防策40代

 

40代というのは、非常に微妙な年齢です。

 

体力的にはまだまだセックスを楽しめる年代ですが、
20代と30代のような積極性というものはなくなってきます。

 

特にセックスをしない理由を40代の人に問うと「面倒くさい」といった回答が連発します。

 

このように、性欲がその他の性格を上回るという現象がなくなります

 

忙しい男性のバナー

また、年代的にも子育てで子供が難しい年頃になったり、働き盛りで仕事が忙しくなるときで、公私ともに繁忙な時期になり、セックスに打ち込める環境がなくなってきます

 

また、20代・30代の男性と40代の男性で大きく違ってくるのは、成熟してくると性欲をコントロールすることができるようになる点です。

 

20代の頃はセックスをしたいと思えば、どんなに疲れていても行動できたものですが、
40代になってくると、
「セックスをしたい」という気持ちをある程度制御して我慢しようと思える
のです。

 

また、40代に突入してくると、
中年男性特有の加齢臭や体全体の油分が気になる年頃になってきます。

 

体力的にはまだまだセックスできる自信はあっても、
外見的な要因でマイナス面が目立つようになってきます。

 

女性に対して魅力的な自分を維持できないと、
セックスから縁遠くなってしまう人も少なくありません。

 

そうなると、もともとEDでなかった人がセックスから遠のいたことにより、
一気に性的不能者になってしまうこともありえる
のです。

 

だから40代の男性にとって大切なのは、多少面倒くさいと思ってもセックスをする機会を定期的に持つことです。

 

そのためには女性に対して魅力的な40代でありつづけることが大切です。

 

女性が男性に求めるものは清潔感です。
女性は男性が女性に求める以上に男性に対して、清潔感というものを求めます。

 

女性が男性に対して「セックスをしたい」と思うポイントは「清潔感
であることを胸に刻みたいですね。

 

また、働き盛りの40代にとって忙しい中で時間をつくるのが難しいのが一番のネックです。

 

適度に休暇を取ることが大切で、EDの原因は仕事上の過剰なストレスであることが多いです。
仕事に押しつぶされてセックスレスになりEDに陥らないために十分に注意したいですね。