安易なバイアグラは危険!30代はまだまだ回復できる

MENU

予防策30代

 

30代男性がEDにならないように気をつけるべきことを考えます。

 

30代は、非常に微妙な年齢だということに注意する必要があります。

 

30代という年代は、全年代からすれば、若い年代であることは間違いがありませんが、
10代・20代の性的全盛期と比べると、その衰えを過剰に感じやすい年代
であるともいえるでしょう。

 

自分の性機能の減退や、性機能不全を過剰に感じてしまうのもこの頃です。

 

肉体的には問題がないにも関わらず、精神的に「もうだめだ。」と感じてしまうことで、
EDやインポテンツになってしまう男性も少なくありません。

 

30代となれば少しの精力の減退に悩むこともあるでしょう。

 

しかし、多くの場合、ある程度セックスを経験して、女性に慣れてしまったため、ちょっとのことでは性的興奮を得られなくなったり、ストレスなどによりセックスまで体がついてこないなど、一時的な事象であることが多いです。

 

20代や30代の男性のEDに多いのは、心因性のEDであるといわれています。

 

上述のように女性に慣れるばかりではなく、その逆もしかりで、
女性に対しておく手で経験が少なく、セックスに対して恐怖心を抱くこともあります。

 

そういった場合は、心理療法やカウンセリングによってアプローチをする必要があります。

 

しかし、中にはEDになったらすぐにバイアグラなどの精力剤に走って、
EDを解消しようとする人も多いようです。

 

若い年代から精力剤を多様すると、依存状態になり、健康的にも良くないといえます。

 

バイアグラなどの精力剤を使わなくても回復可能であるにも関わらず、
すぐに薬に頼ってしまうのではなく、まず自分の精力減退の理由は何なのかを考えて
自然なアプローチで回復することを第一に考えるべきです。

 

お酒とたばこのバナー

そして今後、40代、50代になって長くセックスを楽しむために、食生活や普段からの心掛けをどのようにしていけばいいのかを念頭に考えるべきです。

 

もし、お酒を飲みすぎていたり、たばこを吸いすぎていると気づけば、それをやめることで今後のEDの対策にもなるでしょう。

 

このように、セックスに成熟しつつある30代の男性もまた、注意しながら生活をする必要があります。