50歳を超えて精力の衰えを感じたら精力剤を使ってもいい?

MENU

精力剤使用のタイミング

タイミングを考える男性のバナー

 

精力剤に頼るタイミングについて考えましょう。

 

男性がバイアグラなどの精力剤を頼るのはどういったときなのでしょうか。

 

EDの悩みを持つ男性は多いですが、精力の減退は少なからず誰しもが経験したことがあるでしょう。

 

では、実際バイアグラやレビトラ、シリアスなどの精力増強剤を、自分は使うべきなのかどうか判断がつかないという人も多いでしょう。

 

その判断のキーワードとなるのが「中折れ」です。

 

中折れとは、
女性とのセックスの最中に挿入しているペニスの勃起状態が解消されてしまうことです。

 

これは、女性に非常に大きな不満も持たせてしまいます。セックスが途中で終わってしまうということなので、男性にとっても達成感がなく、女性にとっても気持ちが冷めてしまうことなのです。

 

50代を過ぎて、「女性を愛したいのに満足なセックスが出来ていないのではないか?」と感じている男性は、バイアグラなどの精力剤を利用していみるといいでしょう。

 

 

精力・勃起力というのは、体の血流と大きく関係しています。

 

ペニスは、海綿体という血管が入り組んだ組織なので、
そこに血液が流れることで勃起が起こるのです。

 

逆にここに血液がうまく入っていかないとEDになります。

 

女性に対して欲情してセックスしたいという気持ちがあっても、
体が反応してくれないということも多々あります。

 

それは、更年期に差し掛かってくると、
普段の食生活や生活習慣が影響して、体の血流が悪くなってしまうからです。

 

当然血流が悪くなれば、
陰茎に血液を送って勃起させるということもできなくなってしまいます。

 

また、勃起はしても8分勃ちや6分勃ちなどで止まってしまうなどの事象が起こります。

 

精力剤は、そういった体のメカ二ズムに働きかけて、精力を増強するためのものです。

 

また、ストレスで体に負荷がかかることで、
性ホルモンなどの分泌が阻害されることも勃起不全の要因
になります。

 

逆にいえば、こういった事象を解消、改善していくことによって、
男性としての能力はまだまだ輝かせることができる
のです。

 

好きな女性を満足させられないということは、
男性にとって非常に悔しく、みじめな思いをします。

 

それに打ちひしがれるくらいなら、
いっそのことバイアグラなどの精力剤に挑戦してみるのもいいと思います。