精力剤などで体力を高めることによってセックスレスを予防しましょう。

MENU

セックスレス対策

セックスレスにならないためにはどういった日々の心掛けが必要でしょうか?

 

40代から50代に突入するにあたってセックスに対する意欲が減退してくる瞬間が必ずあります。
それを精力剤や滋養強壮剤で補おうとする人もいますが、それだけに頼るのではなく日々の精力UPを心がけることが大切です。

 

それはセックスレスにならないためには単にセックスに興味を持ったり、精力剤を飲むだけではなく、自分自身の基礎体力を保ち、若さを保つことで異性と交流する機会を創出することが必要です。

 

 

フィットネスクラブや筋トレ、ランニングなどを行い体力を維持することが大切です。
それにより血行を促進したり、滋養強壮力を高めたり、筋力を維持することで自分自身の若さが保たれます。

 

血行の改善は勃起力の再生につながります。
ペニスを組織する海綿体に血液が集中することで勃起します。
それにより精子が作られたり、セックスをする体力が増大することで、精力や性欲が減退することを抑えることができます。

 

そして何よりもセックスに対する自信です。
中高年がセックスに対して億劫になってしまうのは、自分のセックスが弱くなっているという不安が付きまとうからです。
だからこそ自分の現在の実力よりもパフォーマンスが低下して「自分はもうだめだ。」と思ってしまいがちです。
しかし自信を取り戻すことで実年齢以上に強いセックスをすること実現することが可能です。

 

病は気からといわれるように、自分の現在の実力を把握することで
「これくらいの時間はピストンを続けていられる。」
「勃起力はまだまだ若いもんには負けない。」
といったポジティブポイントを見つけて積極的にセックスに打ち込むことができます。

 

このように体力を低下させず、セックスに意欲的に取り組むことがセックスレスにならないためのセオリーだということができるでしょう。